IMG_8412
7月20日から3日間、東京ビッグサイトで開催された「インバウンド・ジャパン2016」に、本プロジェクトから生まれたおもてなし企画をお披露目いたしました。

訪日外国人市場で事業をされている約15,000人もの方がイベントに来場し、わたしたちのブースも常に賑わいを見せ、多くの来場者に企画をご紹介し、500人以上の方に、企画へのご賛同やアイデアへのフィードバックをいただきました。

111

先日の投稿でもご説明しましたが、わたしたちo・mo・te・na・shi2025プロジェクトブースの特徴は何と言っても、”商品化前の企画を展示していること”です。

商品ではない企画を展示していることもあって、ブースにお越しいただいた方は、「え?これ、まだアイデアレベルなのに出展しているの?それは新しい形だね!」と口を揃えて驚かれていらっしゃいました。

ですが、”インバウンド市場で事業を行う来場者の方々の意見を伺い、より良いサービスへと昇華させ、そして、共に事業を創ってくれるパートナー企業・団体を発掘させる”という、わたしたちの狙いを伝えると、

「それは、良い取り組みだね!」
「このアイデアはこうした方が良いんじゃないか?」

などの、ご共感やご意見をいただいたり、

「このアイデアのこの部分は弊社でお手伝いできますよ」
「このアイデアが実現できれば、すぐにでも導入したいですね」
「取引先に提案に行きたいんだけど、同行してもらえませんか?」

というように、共に事業を創っていくパートナーとして名乗り出ていただく企業様も多く、イベント出展して本当に良かったと思っています。

IMG_8311
とは言え、これからがこのプロジェクトの本番。

会場でお会いした各企業様と膝と膝を突き合わせて、両社の課題や要望をぶつけ合いながら、事業化へと進めていきます。進捗がありましたら、amidusさんを通じて発信していきますので、ご期待ください。

また、amidusさんの記事をご覧になられて、本プロジェクトの取り組みにご興味をお持ちいただいた企業様がいらっしゃいましたら、下記までお問合せください。ご連絡をお待ちしています。

[お問合せ先]
富士通株式会社 イノベーション・ファーム運営事務局 瀬藤/岡本
minjuhon-contact-seminar@ml.css.fujitsu.com